スリットとふたの作り方

初めてちあぱい♪を使う時に綿の量を調節したい、中の綿がヘタって取り替えたい時、その時に綿を入れ替える穴をスリットと呼びます。
このスリットが空きっぱなしで綿が出るのが心配な時、取り付けるのがふたです。ふたをせずに出しっぱなしにして、ふた部分をブラに挟むことでズレ防止に使う場合もあります。

ふたを作るタイミング

2種類あります。

  • スリットだけ作っておいて、出来上がったらふたを編む方法
  • スリットを作る際に、ふたまで編む方法

かぎ針でスリットを作る時

スリットを作りたい位置に、編まずに目数分だけ鎖編みを作り、スリットの終点部分から元の編み方に戻します。 鎖編みの始点と終点が伸びやすいので、すじ編み中にスリットを作る場合は特に1本ではなく2本すくって補強してください。

次にスリットに来た時に、鎖の目を拾って編んでいきます。

棒針でスリットを作る時

スリットを作りたい位置に来たら、スリットを作りたい目数分、かぶせてふせます。 次にスリットの位置に来たら、巻き増し目等で目を作ります。

かぎ針でふたを作る時

後で作る場合は、裏部分になるスリットにふたを編みます。 ふたは台形になるよう両端で増し目をします。これはスリットにふたを入れた時に抜けないようにするためです。

一気に編む時は鎖編みをした後、2つの方法に分かれます。

鎖編みを編む。(スリットになる)鎖編みを編む。(片側の端になる)
ひっくり返して、スリットの始点まで編み、ひっくり返して終点・始点を往復する。適宜、左右を増し目して台形にする。ひっくり返して終点まで編み(本体には取り付けない)、ひっくり返して始点に戻るを繰り返す。始点側を長編みにすると台形になる
終点側から、本体に向かって編みおりて、本体に合流する。適当な大きさになったら終点側を本体に付けて編む。
片側に細編みが1列入るので左右対称にならない。飾りのふち編みが作りやすい。左右対称になる。台形が作りにくく、飾りもつけにくい。

棒針でふたを作る時

基本的にかぎ針と同じ方法で作りますが、メリヤス編みにすると丸まりやすいので、ガーターになるように編んでください。サイズが小さくなりやすいので、増し目はたくさん入れます。