道具の紹介

主にコットン100%を使う方が多いです。これは、肌に直接触れる可能性があるので、一番、害がないと思われる素材だからです。 自分用に使う場合、ラメやシルク・アクリル等を使ってもかまいません。ただし、プレゼントするものは相手の肌の状態が分からないため、できるだけコットン100%か、それに近いもの(ラメが数%等)がベストです。

  • 水泳用として、乾きの早いアクリルで作る場合もあります。
  • 肌に触れる裏側だけコットン100%のものを使い、表はラメ等で作る場合もあります。

毛糸は100均で買えるものから1000円を超えるものまで色々ですが、高いものが全て良いというわけではありません。コットンは春夏糸に分類されるため、上着にすると涼しさや爽やかさを感じる高額品でも直接、肌に触れると固いと感じることがありますし、100均でも十分触り心地の良いものも作れます。

  • 毛糸は数本の糸をねじりながら1本の毛糸にしています。このねじりが少ないものを甘撚り、ねじってないものを無撚糸といい、柔らかくふわふわとした感触に編みあがります。ただし、毛糸が割れやすい(針を入れた時に糸が全てすくえず、1~2本飛び出す)ので、編む時に注意が必要です。

毛糸の大きさは、使う道具のサイズと毛糸のラベルに書かれているサイズが合うように選びましょう。

  • 毛糸が細すぎる場合は、始まりと終わりの毛糸2本、もしくは毛糸玉2個を使って、2本同時に編む二本取りもできます。
  • 毛糸が太すぎる場合は、撚りをほぐして、糸の数を少なくして毛糸玉に巻き直すことも可能ですが・・・・かなり面倒なのであまりお勧めしません。

中綿

手芸綿と書かれた化繊(ポリエステル)綿がおすすめです。こちらも金額が良いほど使いやすいということもないので、100均のものでも十分使えます。

綿を詰める時のコツとして、少しずつちぎって詰めるのではなく、袋から取り出しながら詰めて、詰め終わったらちぎるくらい、綿の塊ができるだけ大きくなるようにしてください。これは洗濯した時に、綿の塊ごとに丸くなるので、塊が小さいと中の綿がゴロゴロしやすいからです。

  • 洗濯して中綿が偏ったりボコボコになったら、軽くもみほぐして上下左右から軽くたたくと空気が入ってふくらみが戻ります。

綿の量でちあぱい♪の柔らかさが左右されます。少なすぎると下着等の圧力に負けて凹みやすく、多すぎると固くなって胸に圧迫感を感じることがあるので、調整する時は使用する下着に入れてみながら量を調整してください。