綿を片側に寄せたタイプです

片寄せは、全体ではなく一部に綿を入れて、縫いとめたタイプになります。

メリットデメリット
作り方が詳しく紹介されているので作りやすい編む量は多い
好きなところに綿を入れることができる。綿を自分で固定する手間がかかる。
編地が二重になるので厚めで、全体的に薄く綿を入れて補正もできる。術側と健側の差が少ない場合は、術側に厚み分の差が出る。